建物状況調査のコンシェルジュに無料相談! 第3者の立場で、ご安心頂けるインスペクションのご紹介をモットーに。

建物状況調査のコンシェルジュに無料相談!

第3者の立場で、ご安心頂けるインスペクションのご紹介をモットーに。
建築士(建物状況調査)登録はこちら
建築士(建物状況調査)登録はこちら
インスペクションの窓口 >  特集記事一覧 > 建物状況調査とは?

建物状況調査とは?

建物状況調査(インスペクション)は既存の建物の構造耐力上主要な部分や雨水の浸入を防止する部分の現状を「劣化」という観点で調査することです。

 

その調査には一定の基準が定められており、既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)は、国が定めた「既存住宅状況調査方法基準」に従い、既存住宅の調査を行うこととなります。

 

具体的にどの部位を調査するのかというと、

 

1)構造耐力上主要な部分では

 

基礎、土台及び床組、床、柱及び梁、外壁及び軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組、蟻害、腐朽・腐食、配筋調査、コンクリート圧縮強度

 

2)雨水の浸入を防止する部分では

 

外壁、軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組、屋根

です。

 

各部位ごとに基準は決まっていますが、構造耐力上主要な部分の主なものは、

 

1)基礎

 

幅0.5mm以上のひび割れ、深さ20mm以上の欠損、コンクリートの著しい劣化、さび汁を伴うひび割れ又は欠損、鉄筋の露出

 

2)土台・床組

 

著しいひび割れ、劣化又は欠損

 

3)床

 

著しいひび割れ、劣化又は欠損、著しい沈み、6/1000以上の傾斜

 

5)柱及び梁

 

柱の著しいひび割れ、劣化又は欠損、柱における6/1000以上の傾斜、梁の著しいひび割れ、劣化又は欠損、梁の著しいたわみ

 

6)外壁及び軒裏

 

下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ及び剥落、複数の仕上げ材にまたがったひび割れ又は欠損、仕上げ材の著しい浮き

 

7)バルコニー

 

支持部材又は床の著しいぐらつき、ひび割れ又は劣化

 

8)内壁

 

下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ及び剥落、6/1000以上の傾斜

 

9)天井

 

下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ及び剥落

 

10)小屋組

 

著しいひび割れ、劣化又は欠損

などです。

 

雨水の浸入を防止する部分に係るものは

 

1)外壁

 

シーリング材の破断又は欠損、建具の周辺の隙間又は建具の著しい開閉不良

 

2)軒裏

 

シーリング材の破断又は欠損、軒裏天井の雨漏りの跡

 

3)バルコニー

 

防水層の著しいひび割れ、劣化若しくは欠損又は水切り金物等の不具合

 

4)内壁

 

雨漏りの跡

 

5)天井

 

雨漏りの跡

 

6)小屋組

 

雨漏りの跡

 

7)屋根

 

屋根葺材の著しい破損、ずれ、ひび割れ、劣化、欠損、浮き又ははがれ、防水層の著しいひび割れ、劣化若しくは欠損又は水切り金物等の不具合

です。

 

部位ごとに上記の状況が見られたら、「劣化事象有」にチェックが入ることになります。

 

既存住宅状況調査技術者は全ての項目を調査して、「建物状況調査の結果の概要」と「既存住宅状況調査調査報告書」を作成して、依頼者に渡します。

 

過去1年以内に建物状況調査(インスペクション)を実施した物件が売買の対象になる場合は、宅建業者は重要事項説明時に買主に対してその結果を説明しなければなりません。説明をする宅建業者は単に「建物状況調査の結果の概要」「既存住宅状況調査調査報告書」を見せるだけではなく、劣化事象の有無、劣化事象があった場合にはどの程度の劣化事象か、また補修費用はどれくらい必要か等答えられるようにしておく必要があると思います。

特集記事一覧へ戻る